29歳独身は異世界で自由に生きた……かった。 (2) (FUJIMI SHOBO NOVELS)

3.22
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 37
レビュー : 3
著者 :
missing1973さん 本・雑誌   読み終わった 

今回は大氾濫回
カミサマのお告げから大氾濫(モンスターの大量発生)を知り、物作りやらレベルアップやら勇者としてお披露目されたり、、、
さらにメイベルに踏まれたり第二王女から毒をもられて大暴れしたり、フラムト関係を持ったり、、、
といよいよ大氾濫も、タイシの戦略級広範囲魔法とテレポートで無事撃退
訳わからん巨大な手とか出てきたけど、、はて?

前巻同様、気分屋というかブチ切れ方がひどい
またインフレしすぎて俺ツエー感もひどいが、、、

生産とかまた別に向ける目が出てきたのはいいことか?

以下再読のための備忘
・サブタイトルは異世界の勇者と家出王女
・神託の聖女とか頭おかしい。出会った初日に宿の人間を懐柔して勇者を前後不覚にした上で美味しく頂いてくる聖女とか新しすぎる。『せい』の字に重大な間違いがあるとしか言いようが無い。
・「ぐぬぬ」何故かマールが今にもハンカチでも噛み始めそうな悔しげな表情を浮かべて地団駄を踏んでいる。

レビュー投稿日
2020年9月5日
読了日
2020年8月23日
本棚登録日
2019年8月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『29歳独身は異世界で自由に生きた……かっ...』のレビューをもっとみる

『29歳独身は異世界で自由に生きた……かった。 (2) (FUJIMI SHOBO NOVELS)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『29歳独身は異世界で自由に生きた……かった。 (2) (FUJIMI SHOBO NOVELS)』にmissing1973さんがつけたタグ

ツイートする