数奇にして模型 (講談社文庫)

3.48
  • (249)
  • (550)
  • (1208)
  • (44)
  • (9)
本棚登録 : 5052
レビュー : 390
著者 :
SHIRoKURoさん 森博嗣   読み終わった 

正常と異常の違いだって?ミステリとミステリィの差みたいなものだよ
 派手な不可能犯罪で開幕かと思いきや、少し事情が違います。首を切断した理由にとりわけスポットが当てられており、ホワイダニットの要素が強いです。シンプルかつスマートなトリックは、シリーズ共通の読後感がありますが、これまで以上に森ミステリィの真髄というものを感じました。
 もう一つ言えるのは、犀川&萌絵にしても、新登場の大御坊らキャラクターの見所が5割増しだということ。それとミステリの部分は関係ないと思われがちですが、そうとも言えないのが本シリーズの魅力でしょう。
 正常と異常の問いかけが興味深いです。例えば、正常なミステリというのはあるのでしょうか。面白いミステリはいつだって異常ですし、そう思う私は正常なはずです。

レビュー投稿日
2016年10月1日
読了日
2016年9月
本棚登録日
2016年9月27日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『数奇にして模型 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『数奇にして模型 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『数奇にして模型 (講談社文庫)』にSHIRoKURoさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする