地球の歴史 上 - 水惑星の誕生 (中公新書)

4.22
  • (11)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 148
レビュー : 13
著者 :
三鷹牛蔵さん 科学   読み終わった 

ビッグバンから始まって、物質、エネルギーの動向を、物理学と化学の視点を使い分けながら語っていく。宇宙規模のマクロの文脈において地球の誕生、変遷が無理なく位置づけられる。だから話の通りがスムーズ。
上巻は先カンブリア期までで生物誕生の話はほぼないが、もう満腹感がある。
中巻以降ではダイナミックな変動が減っていくことは明らかなんだし、上巻ほどの爽快感は望み薄だと思う。
まあ、続きも読むけど。

レビュー投稿日
2018年12月30日
読了日
2017年11月9日
本棚登録日
2018年12月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『地球の歴史 上 - 水惑星の誕生 (中公...』のレビューをもっとみる

『地球の歴史 上 - 水惑星の誕生 (中公新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする