地球の歴史 中 - 生命の登場 (中公新書)

4.38
  • (12)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 113
レビュー : 9
著者 :
三鷹牛蔵さん 科学   読み終わった 

宇宙規模の壮大な上巻がとても面白かったのに対して、中巻は地球規模の話になっている。スケールダウンだけど、でもそれなりに面白い。
地磁気や巨大火山に見られる地学的な歴史と、生物の誕生以降の二酸化炭素濃度の変動やらが相互に影響を与えながら共進化するさまが語られる。
生物に関する記述はややノリが悪いというか教科書的な記述になっていて退屈なのだけど、地学・地球科学に関する部分は専攻だけあってグルーブ感がある。それは少し残念ともいえるけど、でもこういう学際的な本である以上、多少の濃淡・ムラはしかたないのでしょう。

レビュー投稿日
2018年12月30日
読了日
2017年11月16日
本棚登録日
2018年12月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『地球の歴史 中 - 生命の登場 (中公新...』のレビューをもっとみる

『地球の歴史 中 - 生命の登場 (中公新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする