うたげと孤心 (岩波文庫)

4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 4
著者 :
mitsukiさん 2020年   読み終わった 

解説を書いている三浦雅士の『孤独の発明』から流れてきた。

「うたげ」(古典詩歌の集合的想像の座)と「孤心」(その場を経て還らざるを得ない個としての場)の取り合わせが面白い。

「『合す』意志と『孤心に還る』意志との間に、戦闘的な緊張、そして牽引力が働いているかぎりにおいて、作品は稀有の輝きを発した」

中盤から終盤にかけては、和泉式部と藤原公任、後白河法皇の今様狂いがクローズアップされている。
これらの時代、歌は生活手段であり、公的技芸でもあったことが現代の私からすると不思議に思う。

単なる宴会とも違い、儀式とだけ言うと固すぎる。
物を見立ててインスピレーションを働かせたり、時には自身の恋やその経験を披露したりする。
その中で、思いもよらない言葉が生まれたりするのは、対話の効果にも似ているのかもしれない。
言葉を経て、また自分に還ってゆくところも。

たとえば、演劇も集合的芸術だと言えるけれど、舞台だからこそ息づく何かを、演者はどう感じているのか知りたいと思った。

レビュー投稿日
2020年4月23日
読了日
2020年4月23日
本棚登録日
2020年4月23日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『うたげと孤心 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『うたげと孤心 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする