図書室の海 (新潮文庫)

3.26
  • (260)
  • (725)
  • (2093)
  • (259)
  • (51)
本棚登録 : 7547
レビュー : 738
著者 :
mitsukiさん 2014年   読み終わった 

2014年、読みおさめの一冊(笑)

有名なタイトルなので、手に取らなくてはと思いながらも先延ばしにしてしまった。

『夜のピクニック』•『六番目の小夜子』(こちらはまだ未読、いつになるやら)を読んだ人はきっと嬉しい短編集。

個人的には「睡蓮」が好き。
桜の木の下には死体が埋まっているといったのは梶井基次郎だったか。睡蓮もそうだという。
女の子の美に対する嗅覚の鋭さにはドキっとするときがある。劣等感と、嫉妬心。
そういうものの描き方が上手いな、と感じた。

いろんなテイストの話が織り混ざっていて、楽しく(時にはぞくっと)読み終えられた。

レビュー投稿日
2014年12月31日
読了日
2014年12月31日
本棚登録日
2014年12月31日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『図書室の海 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『図書室の海 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする