被差別部落とは何か (河出文庫)

3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 1
著者 :
mitsukiさん 2019年   読み終わった 

歴史を俯瞰して見ると、価値観という偏りが時に恐ろしい結果を生み出すことに、戦慄する。

冒頭の「特殊部落の成立沿革を略叙してその解放に及ぶ」がとても分かりやすく書かれている。
穢多の「ケガレ」とは何か。
歴史的に見ると肉食は決して神の嫌うところではなく、我々にとっても当然の行いである。
では、差別を受けるべき職種とは一体何か。
そうした仕事は必要があって興るものではないか。

とまあ、偉そうに道徳心を語るつもりはない。

形を変えて、「我らが正しき価値観」はそこらじゅうに転がっている。
知らないことを恥じることが第一歩なのだと思う。

レビュー投稿日
2019年7月8日
読了日
2019年7月8日
本棚登録日
2019年7月8日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『被差別部落とは何か (河出文庫)』のレビューをもっとみる

『被差別部落とは何か (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする