日本人のこころの言葉 鴨長明

著者 :
  • 創元社 (2012年10月5日発売)
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 1
3

「『方丈記』の中には「心」という語が約三十回出てきて、その音が、心臓の鼓動を連想させ、不思議な表現効果をもたらしているようでもあります」

そうなんだ、と溜め息が出た一文。

父と同じ地位に立つことを夢見て、けれど結局は才ではなく人同士のもつ柵の前に退き、方丈の庵を結ぶ、そんな鴨長明に共感する所がある。

「そもそも、一期の月影かたぶきて、余算の山の端に近し。たちまちに三途の闇に向かわんとす。何のわざをか、かこたんとする」

二年後に亡くなるとは思っていなかったかもしれないが、自身の考えを述べながら、一方で、死を目前にした存在で何を言うかとも残す。

鴨長明にとっての河とは何だったのか。
筆者は川と川との合流地点を、インドではサンガと呼び宗教的な聖地となりやすい場であると説明している。

下鴨神社にほど近い鴨川デルタに集う人々を思い出し、糺の森さえ更に広大だったとあって、当時はどんな光景が広がっていたのか、興味を抱いた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 2021年
感想投稿日 : 2021年3月3日
読了日 : 2021年3月3日
本棚登録日 : 2021年3月3日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする