マリアビートル (角川文庫)

4.06
  • (898)
  • (1209)
  • (543)
  • (71)
  • (16)
本棚登録 : 9639
レビュー : 826
著者 :
mitttsuさん  未設定  読み終わった 

密室に近い、窮屈な空間で展開されるドタバタ劇を、ちからわざで描き切った‥という印象。だからかな、いろいろとギクシャク。特に残念なのは「マリア様の七つの悲しみを背負って飛んでいく」テントウムシのイメージが、物語から完全に浮いていること。象徴的でとても綺麗なキーイメージなのに、、タイトルを素直に「レディビートル」としなかったのは、そのためかしら。

「悪」が描かれているということで手にとったのだけれど、王子君に体現される「悪」はちょっとこれみよがしに過ぎるかな。こちらも情報として仕入れた「悪」を咀嚼しきれてなくて、ギクシャク。

「悪」ならば‥暴力や邪悪ではなく、スラプスティックではさらになく、耽美と組み合わされたものが読みたいのかも。やっぱり。(2018.5.3読了)

レビュー投稿日
2018年5月3日
読了日
2018年5月3日
本棚登録日
2018年5月3日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『マリアビートル (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『マリアビートル (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする