父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。

3.82
  • (58)
  • (92)
  • (59)
  • (14)
  • (4)
本棚登録 : 1833
レビュー : 101
制作 : 関 美和 
miura0319さん  未設定  読み終わった 

"不足"が"余剰"を生み出したのが興味深い。
まだ読んだ事が無いのだけど、サピエンス全史と繋がる部分がありそう。
"余剰"は"余裕"とも言え、文化を生み出す根源となった大切なものだと思う。
あとは、"余剰"を上手く分かち合う方法なんだろう。

それと、仮想通貨は発行数が定められていて、誰かが通貨を刷ってバランスを取る方法がないから上手くいかないという話は気になる。仮想通貨もバージョンアップされていっているから解決されると良いのだけども。

レビュー投稿日
2019年3月31日
読了日
2019年3月29日
本棚登録日
2019年3月31日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とん...』のレビューをもっとみる

『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする