僕は小説が書けない

3.40
  • (23)
  • (74)
  • (104)
  • (25)
  • (2)
本棚登録 : 711
レビュー : 84
PESCAさん 中田永一   読み終わった 

高校1年の光太郎は廃部寸前の文芸部に入部、小説を書く羽目に陥る。こじらせ男子の青春物語で正直平凡な感じです。しかし、注目するのは本著が中田永一と中村航が交互に執筆した共著であること、執筆支援ソフトを使用している点にあります。乙一は実験的な小説にチャレンジ、理数系の中村航と意気投合したようです。小説のなかで、感性で書くのか、論理で書くのかという執筆方法があります。これは音楽や絵画などの芸術でも言えることだと思います。論理構築された小説なら、ある程度のシステム化も可能になりそうです。

レビュー投稿日
2014年11月19日
読了日
2014年11月18日
本棚登録日
2014年11月18日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『僕は小説が書けない』のレビューをもっとみる

『僕は小説が書けない』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする