虚空の糸 警視庁捜査一課十一係 (講談社ノベルス)

3.44
  • (2)
  • (17)
  • (22)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 120
レビュー : 23
著者 :
キタキツネさん 麻見和史   読み終わった 

マンションの非常階段で、稚拙な自殺偽装をした遺体が発見された。犯人から警察に対する挑発と驚愕の要求が。なかなかに捻りを利かせてきた。

レビュー投稿日
2017年2月23日
読了日
2017年2月18日
本棚登録日
2017年2月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『虚空の糸 警視庁捜査一課十一係 (講談社...』のレビューをもっとみる

『虚空の糸 警視庁捜査一課十一係 (講談社ノベルス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする