f植物園の巣穴 (朝日文庫)

3.62
  • (55)
  • (125)
  • (113)
  • (24)
  • (5)
本棚登録 : 1224
レビュー : 147
著者 :
miyacococoさん 梨木香歩   読み終わった 

梨木さん、『冬虫夏草』以来読んでいなかったのだけれど、読みたくなった理由を思い出せない。結果読んでとてもよかったし高湿度の今の時季にピッタリだった!
歯痛をきっかけに未消化の事象や私情が迷走しながら浮き上がってくるプロットが気持ちいい。
途中から、もしかするとアガサ・クリスティー『春にして君を離れ』とかカズオ・イシグロ『浮世の画家』のようなお話かと訝っていたので坊のエピソードには不意を衝かれて泣いてしまった。ぜんぜん違うし!(春も浮世も好きだけれど)ラストに向けてこわばりが優しくほぐれていくイメージがとても良かった。
梨木さん他の作品もどしどし読んでいこうっと。

レビュー投稿日
2019年7月20日
読了日
2019年7月20日
本棚登録日
2019年7月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『f植物園の巣穴 (朝日文庫)』のレビューをもっとみる

『f植物園の巣穴 (朝日文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする