追いつめる (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.57
  • (0)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 3
4

その男は同僚を事件追及の途中で
誤射してしまいます。
その結果は、植物人間にさせてしまうという。
それがもとで、彼は刑事をやめてしまいます。

その元凶になった暴力団を
己が足で追いつめていくのがこの作品。
何がすごいかといえば、この作品は
確かにムードのあるシーンはあるけれども
行為シーンが1個もないんですよ。
それなのに渋い感じに仕上がっているのです。

まさに男は獲物を追うハンター。
ちょっと展開的にはご都合主義の感は
否めませんでしたが良作でした。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: その他本
感想投稿日 : 2019年10月6日
読了日 : 2019年10月6日
本棚登録日 : 2019年10月6日

みんなの感想をみる

ツイートする