シーラカンス―はるかな古生代の証人 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社 (1992年4月1日発売)
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 4
4

著者はシーラカンスの解剖を
した事のある人です。
こういう経験ってなかなかできないよなぁ。
しかもシーラカンスは深海魚ですし…

出版年が1992年ゆえ
データは残念ながら古いです。
現行種は2種になっているため。

しかしながら魚類なのに
胎生であるといった生態は
驚くのではないでしょうか。

深海生物ゆえに
調査が進まないのも
気になるところ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 新書
感想投稿日 : 2010年8月23日
読了日 : 2010年8月23日
本棚登録日 : 2010年8月23日

みんなの感想をみる

ツイートする