雁金屋草紙

著者 :
  • 講談社
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 3
4

かなりもどかしい、というか実に歯がゆい。
ここまで次の一手が踏み出せないもどかしさが
なんともいえないのは、やはり私は
肉食とか言われる人種なのでしょうか。

事情により「雁金屋」に入ることとなった奈津。
彼女は雁金屋の次男に恋心を抱いていました。

だけれども、彼は気づいていたのでしょうが
奈津には手を出さなかったのです。
ある種遂げてしまうことである「安らぎ」の
喪失を恐れたのかもしれませんね。

一応、少しだけそういう描写はありますが
ライトもライトです。
ただ、もどかしいのでとにかく好き嫌いは分かれます。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: その他本
感想投稿日 : 2015年3月12日
読了日 : 2015年3月12日
本棚登録日 : 2015年3月12日

みんなの感想をみる

ツイートする