デリラと宇宙野郎たち (ハヤカワ文庫 SF―未来史1)

3.48
  • (3)
  • (5)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 84
レビュー : 6
マタンさん SF   読み終わった 

未来史と呼ばれるシリーズには属していますが
シリーズというよりは独立したひとつの作品かな。

ハインラインの作品は
なんとなく日本人にはユーモアの観点で
?となるタイプかもしれません。
でも、人をメインとして書いているその作品は
時に宇宙ロマンを抱いた男の壮大な記録なんかも
描ききります。「月を売った男」がまさにそう。

ちなみに表題作は
ユーモアSFです。
タイトルにだまされちゃうと思います。

レビュー投稿日
2013年8月28日
読了日
2013年8月28日
本棚登録日
2013年8月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『デリラと宇宙野郎たち (ハヤカワ文庫 S...』のレビューをもっとみる

『デリラと宇宙野郎たち (ハヤカワ文庫 SF―未来史1)』にマタンさんがつけたタグ

ツイートする