DV(ドメスティック・バイオレンス)--殴らずにはいられない男たち (光文社新書 (010))

3.43
  • (4)
  • (12)
  • (21)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 113
レビュー : 18
著者 :
マタンさん 新書   読み終わった 

少し出版年が古いので、
今それなりに増加傾向にある女性によるDVは
掲載されてはいません。
(一応終盤に少し触れる程度)

かなり胸糞の悪い内容となっています。
大体のケースは男性側の根底に
トラウマといったものがあるケースが多いです。
無理強いという事がどれだけ人を傷つけるか…

ほとんどのケースは意識することにより
改善しているケースもありますが
2つほど、残念なケースがあります。
俗に言う「救えない、法で裁くべきDV」です。

ただただ罰則化するだけではない…
奥深いものを見ていかない限り
改善はされないものだと思います。

レビュー投稿日
2014年5月3日
読了日
2014年5月3日
本棚登録日
2014年5月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『DV(ドメスティック・バイオレンス)--...』のレビューをもっとみる

『DV(ドメスティック・バイオレンス)--殴らずにはいられない男たち (光文社新書 (010))』にマタンさんがつけたタグ

ツイートする