終りなき夜に生れつく (文春文庫 お 42-6)

著者 :
  • 文藝春秋 (2020年1月4日発売)
3.41
  • (10)
  • (56)
  • (64)
  • (13)
  • (2)
本棚登録 : 794
感想 : 43
4

読みやすい。
短編だけど、夜の底は…の出て来た人たちの学生時代なので楽しく読めた。
葛城の冷めた、人間らしくない人格だと思っていたが違っていた。もっともっと知りたい途鎖国の生活。
何故独立した国となったのか物語として続いていってほしいけど、恩田陸ってそういう事しないよなぁ。。。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年8月15日
読了日 : 2021年8月15日
本棚登録日 : 2021年8月12日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする