神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)

4.17
  • (597)
  • (651)
  • (310)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 4259
レビュー : 328
著者 :
もちこさん 小説   読み終わった 

"猟犬"に追われているチキサとアスラをかばって、2人の生き残れる道を考えるバルサとタンダの優しさに、胸がぎゅっとなる。
危険な道と知りながら、その道をどう切り抜けようかと共に考える2人は、ベストパートナーだと思う。

バルサとアスラが逃げ込んだヨゴの街の面々(マーサやタチヤ)たちの優しさと、臨機応変な対応に救われる。
チキサとアスラが笑って暮らせるような未来が来るといいなあ。

レビュー投稿日
2017年11月7日
読了日
2017年11月7日
本棚登録日
2017年11月7日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする