あの家に暮らす四人の女

3.47
  • (107)
  • (355)
  • (425)
  • (84)
  • (10)
本棚登録 : 2506
レビュー : 414
著者 :
もちこさん 小説   読み終わった 

アラフォーで独身の佐知、その母鶴代、佐知の友人の雪乃、雪乃の会社の後輩の多恵美。
4人が暮らす古い洋館で、静かに日常が繰り返される。たまに不思議なことが起こりながら。

淡々と4人の女性の日々を描いているかと思いきや、河童のミイラ(偽物)が出てきたり、カラスがいきなり語り手となったりと、ファンタジー感が一気に高まる場面もあり、まるでアトラクションのような飽きさせない長編。

どこか浮世離れした呑気さの鶴代や警戒心のなさすぎな多恵美など、個性豊かな彼女たちの会話が面白い。

レビュー投稿日
2019年8月8日
読了日
2019年8月8日
本棚登録日
2019年8月8日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『あの家に暮らす四人の女』のレビューをもっとみる

『あの家に暮らす四人の女』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする