往復書簡 (幻冬舎文庫)

3.51
  • (251)
  • (927)
  • (975)
  • (175)
  • (29)
本棚登録 : 7285
レビュー : 716
著者 :
もちこさん 小説   読み終わった 

高校の同級生同士、小学校の先生と教え子、恋人たち…
十数年前の出来事に想いを馳せ、手紙を通して明らかになる事実と、それぞれの人の悩み、トラウマ…
手紙の文面だけで描かれる、過去を乗り越えるための人々の姿。短編3作+α。

湊かなえさんの作品は、最初は穏やかな雰囲気で始まるのに、だんだん雲行きが怪しくなり、突然雷鳴が轟くから怖い。
でもその怖さが刺激的で、はまってしまう。
怖いけど、人間の優しさが源にずっとあるから。
弱い人、ずるい人、も登場するけれど、その弱さを理解してくれる人も登場する。その存在に、読者である私も救われる。

レビュー投稿日
2017年3月30日
読了日
2017年3月30日
本棚登録日
2017年3月30日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『往復書簡 (幻冬舎文庫)』のレビューをもっとみる

『往復書簡 (幻冬舎文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする