ナベちゃんのヨメ (Kindle Single)

3.12
  • (4)
  • (29)
  • (86)
  • (17)
  • (2)
本棚登録 : 333
レビュー : 56
著者 :
もちこさん 小説   読み終わった 

友達以上!恋人未満? 男友達の結婚を巡って揺れる気持ちを丁寧に描いた中編小説。

「六月の第三日曜日はご都合いかがですか?」〝ナベちゃん〟こと渡辺佳哉から、大学時代のコーラス部の同窓生たちに、結婚式に招待する旨のメールが一斉に届く。そのナベちゃんのヨメ(婚約者)が「ヤバいらしい」という噂が広がっていた。

ナベちゃんは物理学科出身で、大手時計メーカーの研究職。コーラス部ではイジられキャラだった。少しなよっとして華奢、男子より女子部員と気が合ったが、モテるわけじゃない。優しく、親切で、部員たちの面倒な頼みを嬉々として引き受けるいい人だったけれど、女子部員は誰も恋人にはしなかった。語り手で、30歳を間近に控えた未婚の会社員・佐和もその一人。ナベちゃんが選んだ伴侶とは? 直木賞作家の腕が冴える、ほろ苦い佳編。

Kindle限定?で辻村作品が読めるなんて、知らなかった!
これからこういう媒体で提供されるケースが増えてくるのかなぁ。
本作は、短いお話なので、サクッと読めて面白かった。
友だちの良くないところを話題にして盛り上がり、でも真剣に注意はしない…というのは、私にも心当たりがあるから、佐和の指摘もごもっとも。
でも、このナベちゃんのヨメの話を、娯楽として読んでいるのも事実。やっぱり人の「どうかとおもう話」は面白いんだよなぁ。自分に直接の影響がなければ。

レビュー投稿日
2019年11月1日
読了日
2019年11月1日
本棚登録日
2019年11月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ナベちゃんのヨメ (Kindle Sin...』のレビューをもっとみる

『ナベちゃんのヨメ (Kindle Single)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする