わたしが外人だったころ (たくさんのふしぎ傑作集)

4.10
  • (9)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 97
レビュー : 12
著者 :
miyu918さん 児童書(その他)   読み終わった 

 作者は、哲学者の鶴見俊輔氏。15歳で渡米、ハーヴァード大学在学中に戦争がはじまった。交換船で帰国するが、すぐに出征することに。

レビュー投稿日
2015年12月31日
読了日
2015年12月20日
本棚登録日
2015年12月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『わたしが外人だったころ (たくさんのふし...』のレビューをもっとみる

『わたしが外人だったころ (たくさんのふしぎ傑作集)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『わたしが外人だったころ (たくさんのふしぎ傑作集)』にmiyu918さんがつけたタグ

ツイートする