限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)

3.16
  • (332)
  • (539)
  • (1831)
  • (354)
  • (160)
本棚登録 : 6402
レビュー : 757
著者 :
深雪美冬さん その他   読み終わった 

読むのが早かったみたい……。

村上龍さんの作品はまだ全然読んだことがないんですが、
とりあえずデビュー作だし凄い名作みたいだし、と思って購入した一冊。

あきらかに他の小説と違うことは分かりました。

ドラッグや乱交パーティーに明け暮れる若者たちの
崩壊していく様を描いた作品…ですよね?

正直、目を背けたくなるような描写ばかりでした。
ここから何かを見いだしていくのは、私にはまだ無理みたい。

もうちょっと勉強してからまた挑戦しようかな?機会があれば。

レビュー投稿日
2012年11月1日
読了日
-
本棚登録日
2012年11月1日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)』に深雪美冬さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする