茶の本 日本の目覚め 東洋の理想―岡倉天心コレクション (ちくま学芸文庫)

4.00
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 4
mizudoriさん 美術   読み終わった 

日本美術が好きな私にとって、岡倉天心は雲の上の伝説の人。いろんなエピソードがあるけれど、どこまで本当なのか、嘘なのか、教祖様のように崇め奉られていて、とても実在の人物だったとは思えません。少しでもその肉声を聴きたいと思って手に取った本ですが、先日読んだばかりの鈴木大拙「禅と日本文化」と同じで、やはり全然理解できませんでした。これら2冊は外国人のために英語で書かれた本。和訳がこなれていないせいもあるけれど、それを差し引いても、文章が頭の中に入ってきませんでした。そして、残念ながら、いつかこれらの本を読み込める日がくるような気がしません。自分の脳みその薄さを感じた本でした。

レビュー投稿日
2014年8月14日
読了日
2014年7月14日
本棚登録日
2014年8月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『茶の本 日本の目覚め 東洋の理想―岡倉天...』のレビューをもっとみる

『茶の本 日本の目覚め 東洋の理想―岡倉天心コレクション (ちくま学芸文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする