ウサギどん キツネどん (岩波少年文庫 (1003))

  • 岩波書店 (1953年1月15日発売)
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 3
3

ウサギどんが性悪すぎる…。

バックス・バニーの原型な気がするんだけど、アメリカ人にとってのウサギ像って、こういうめんなのかしらね?

さんざんヒドいことするのに、結局いつもウサギの勝ちで、おとがめもない話ばかりなのだが、こんな話ばかり聞いていたら、アメリカ人はこずるい人間ばかりになるのでは?と心配です。

そのあたりが、このリーマスじいやの話が日本では有名じゃない理由な気がする。
日本人には受け入れがたい価値観なんだよね。


あともともとアメリカの黒人なまりでかかれた本で、日本語訳でも、なまり表現になってるのだけど、それがけっこう読みにくい。

お話自体は面白いんだけどねー。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 童話
感想投稿日 : 2011年10月31日
読了日 : 2011年10月31日
本棚登録日 : 2011年10月31日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする