欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア

3.86
  • (30)
  • (30)
  • (33)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 303
レビュー : 24
水木@エンジニア兼株式投資家さん  未設定  読み終わった 

投機で4回成功し4回破産して最後はピストル自殺をした投機王リバモアのノンフィクション小説。著者はリバモア本人ではなく、リバモアにインタビューをしたエドウィン・ルフェーブル氏だが、リバモアの投機に対する考え方が如実に表現されている。投機王になるとはどういうことかが垣間見える小説。

===メモ=================
・俺は株式相場より商品相場のほうが好きだった。商品は株よりも経済や事業の本質を具現している。商品相場でも普通のビジネスと同様、研究と観察に精進することで利益を上げることが可能である。商品相場では株式相場のように一晩で配当が決まったり増減したりというようなこともない。商品相場は究極的には唯一、需要と供給の経済原則によって支配されている。だから、商品のトレーダーは、現在と将来の需要と供給を正しく見極めるだけでいいのだ。
・おれは情報を偏重するようにはできていないようだ。情報を求める姿勢は欲望からというよりも自分の頭で考えたくないという甘っちょろい態度から来ている。

レビュー投稿日
2018年10月8日
読了日
2018年10月2日
本棚登録日
2018年10月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア』のレビューをもっとみる

『欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする