セロひきのゴーシュ (福音館創作童話シリーズ)

3.76
  • (38)
  • (24)
  • (52)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 369
レビュー : 34
著者 :
Eさん 900 文学   読み終わった 

「児童青少年の読書資料一覧」(『改訂 児童サービス論』樹村房、2004年)の「小学校中級から上級むき」で紹介されていたので、図書館で借りた。

ゴーシュは町の活動写真館でセロをひくかかりだけれど、金星音楽団のなかまの楽手のなかではいちばんへたで、楽長にいじめられている。
町の音楽会のために夜通し練習していると、扉をとんとんとたたくものがあり……。

ふしぎなあじわい。
10日間のことを思うと、童話的でいいなぁと感じる。
ゴーシュの言葉や態度が良くなかったりして、教訓めいていないところもいい。
宮沢賢治の本はほとんど借りたことがないのだけれど、思えばこれまで、小学校から高校まで、国語科の教科書(単元)で読んでいた。
小学校では「やまなし」、中学校では「銀河鉄道の夜」、高校では「なめとこ山の熊」と「永訣の朝」。
これらに触れたときに感じたふしぎな感覚を、今回も感じる。
これは何なのか、もっと読んでみないとわからない。
瀬田貞二さんのあとがきにあったけれど、どうやら茂田井さんのこの絵はぴったりらしい。
確かに、素朴で童話的な絵で、見開きのページの絵は私も好きだ。

レビュー投稿日
2014年8月27日
読了日
2014年8月27日
本棚登録日
2014年8月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『セロひきのゴーシュ (福音館創作童話シリ...』のレビューをもっとみる

『セロひきのゴーシュ (福音館創作童話シリーズ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『セロひきのゴーシュ (福音館創作童話シリーズ)』にEさんがつけたタグ

ツイートする