すべてがFになる (講談社文庫)

3.84
  • (2306)
  • (2424)
  • (2850)
  • (287)
  • (53)
本棚登録 : 17952
レビュー : 2345
著者 :
あずきさん  未設定  読み終わった 

森博嗣さんの作品は初読了。登場人物がみんな個性的で良かった。だけども、その個性を出そうとしてか少し文章がダラダラと続いて飽きる場面もあった。トリックに関しては、理数について学んでいない人には理解しきれないと思う。現に私も理解できなかった。結末は驚きというより、やっぱりそうだったのかという気持ちの方が大きかった。とにかく、犀川&萌絵コンビのやり取りが気に入ったので同シリーズの違う作品も読んでみたい。

レビュー投稿日
2017年2月4日
読了日
2014年4月29日
本棚登録日
2017年2月4日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『すべてがFになる (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする