カラー版 「水」が教えてくれる東京の微地形の秘密 (じっぴコンパクト新書)

4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 3
著者 :
臥煙さん  未設定  読み終わった 

案外起伏に富んだ東京の地形。微地形を元に開発以前の湧水からの水の流れを解説する。3D地図を駆使し地形と開発の歴史が良く分かる。

筆者の本はこのじっぴコンパクトから多く出版されている。いずれもカラー図版を活用し地理と地形を解説したもの。

本書は23区を中心に微地形を解説。特に皇居周辺の記載が豊富。同じ濠でも水源や水面の高さが、異なったり神田川の流れを本郷台地を貫くように変えたり(現代の御茶ノ水駅付近)、江戸の街の開発の歴史の痕跡をたどる。

他にも渋谷川だったり古川だったり、港区などの複雑な地形に関する記載も。

本書を片手に「地形読み取り散歩」を堪能したい。

レビュー投稿日
2019年11月17日
読了日
2019年11月17日
本棚登録日
2019年11月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『カラー版 「水」が教えてくれる東京の微地...』のレビューをもっとみる

『カラー版 「水」が教えてくれる東京の微地形の秘密 (じっぴコンパクト新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする