きみはポラリス (新潮文庫)

3.30
  • (468)
  • (1092)
  • (1612)
  • (584)
  • (135)
本棚登録 : 13324
レビュー : 1268
著者 :
ゆずさん  未設定  読み終わった 

短編集だからさくっと読めるかなー、恋愛の短編集いいね、っていう軽い気持ちで購入。
初めての三浦しをんさんの作品でした。

正直、好きとか嫌いとか、面白い面白くないでこの本は分類できない。
一個一個が短編集の枠を超えている。
文章の運びがすばらしい、作品1つ1つは短いのに、心にどっと、くるものごある。
好きっていう感情なんだけど、そこにかかる思いが一つ一つ重くて、一つ読むごとに人を好きになるって、こういうことなんだなぁって深いため息がでちゃう。
みんな一筋縄ではいかない恋愛してるなぁ、でもわかるよーって思う。
本当に好きな作品です。

レビュー投稿日
2019年8月31日
読了日
2019年8月28日
本棚登録日
2019年8月28日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『きみはポラリス (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『きみはポラリス (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする