国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)

4.16
  • (257)
  • (235)
  • (116)
  • (14)
  • (5)
本棚登録 : 1738
レビュー : 210
著者 :
mmatsuxさん  未設定  読み終わった 

今や売れっ子作家となった佐藤優氏の最初の著書。
今更ながらという感じではあるが読んでみた。
もともと著者には関心があったがきちんと著書を読む機会がなく、シンガポールにいたときに某日系書店で一部立ち読みをしたことをきっかけに強い興味を持って読むようになった。

この著者は右から左まであらゆるジャンルの雑誌に連載を持っていて、その主張から政治的ポジションも単純ではないため、毀誉褒貶が激しいようだ。ただ、保守的だとか進歩的だとかというような単純な思想的枠組みで外交というものが成り立たないことは読んでいてわかる。そういうものを超越したところに外交があるのだと思う。

しかし一方で、取り調べについての記述で語られるが、ワイドショー的な議論で国策捜査が進められてしまう現実がある。特にネット上などでは好き嫌いで外交が語られてしまうことが多いが、その危険性は指摘してしすぎることはないだろう。

著者はこの国策捜査が「ケインズ型福祉国家」から「ハイエク型新自由主義」へと移行する「時代のけじめ」として行われたと指摘しているが、これを與那覇潤式に言えば(『中国化する日本』)「江戸」から「中国」へと日本社会が移行する「時代のけじめ」であるとも言える。為政者や官僚を延々道徳的に叩くのは儒教的とも言えるし。この著者が與那覇氏の枠組みをどのように評価するのか知りたい気がする。

ついでにもう一つ希望を言うと、これってTVドラマにしたら面白いと思う。こう思うのは一人だけじゃないだろう。

レビュー投稿日
2012年2月5日
読了日
-
本棚登録日
2012年2月5日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて...』のレビューをもっとみる

『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする