【あらすじ】
現代渋谷へ転生した諸葛孔明は、歌手を夢見る月見英子の軍師として全力で策を巡らす! 当の英子はオリジナル楽曲の制作中、スランプに陥ってしまう。そんな時に意気投合した“七海”と行った路上ライブを通して、「歌うことの本当の意味」に辿り着くことができた。しかし、七海から「10万イイネ企画」の敵同士であると聞かされて‥‥。断琴の交わりの行方は!?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

感想は最終巻にまとめて記載予定です。

2021年4月24日

ネタバレ

【あらすじ】
現代渋谷へ転生した諸葛孔明は、歌手を夢見る月見英子の軍師として日々クラブ界隈で生きている!超巨大野外フェス・サマーソニアへの出場権をかけて、「10万イイネ企画」に挑む孔明と英子。勝利の鍵がラッパー獲得にあると睨む孔明は、才能がありながらスランプに陥るKABE太人を仲間にすべく、MCバトルをしかける!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

感想は最終巻にまとめて記載予定です。

2021年1月22日

ネタバレ

【あらすじ】
死後、現代の渋谷へ転生した名軍師・諸葛孔明。第二の人生では歌手を夢見る月見英子の軍師として、クラブ音楽による天下泰平を志す! 英子のライブを見事成功させた孔明は、次なる戦場“野外フェス”に初参戦。英子に与えられた不遇ブースを盛り上げる秘策を仕込む!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

感想は最終巻にまとめて記載予定です。

2021年1月12日

ネタバレ

【あらすじ】
五丈原の戦いで死期を迎えた名軍師・諸葛亮孔明は、若い肉体に戻り、現代日本へと転生した! 渋谷のパリピ達に誘われ、たどり着いたのはダンスミュージックが鳴り響くチャラめなクラブ。そこでシンガーを目指す月見英子と出逢い、孔明の二度目の人生が幕を開けた! 三国志時代、天下泰平のために生きた彼は、なんの為に生きるのか--!!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

感想は最終巻にまとめて記載予定です。

2020年12月28日

ネタバレ

【あらすじ】
妖しさ、優雅、怒り…その感情を音にする。コンクールまで残り2ヶ月。演奏曲「バッカナール」の音のイメージと、各楽器のバランスに苦戦する部員たち。【この代しか創れない音】を目指して、お互いの感情に向き合っていく――

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

感想は最終巻にまとめて記載予定です。

2020年11月28日

ネタバレ

【あらすじ】
コンクールに向け、新体制が始まる。夏の定期演奏会、最後の曲「新世界より」の演奏が終わり、3年生が引退した。季節は夏から秋へーーー2年生が中心になったオケ部はコンクールに向けて練習を始めるのだが…!?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

感想は最終巻にまとめて記載予定です。

2020年8月23日

ネタバレ

3年生最後の“夏の演奏会”始まる。 夏休みの練習を終えて ついに定期演奏会が開幕! 初演奏の秋音と「カルメン」、 上級生の「四季」etc. それぞれ重ねた経験と、 受け取った想いをのせて 一瞬の音に残していく――(Amazon紹介より)

2020年1月22日

ネタバレ

想いを音にのせていく――定期演奏会の再試験を前に、ライバルの佐伯からある事実を告げられ戸惑う青野。ブランクによるスランプ、ライバルへの焦燥、父親へのトラウマ。様々な悩みを乗り越えた青野の演奏に変化が現れる――!(Amazon紹介より)

2020年1月15日

ネタバレ

繋がりと音が変わっていく。
定期演奏会オーディションで、同級生で同パートの佐伯に一時的に競り勝った青野。しかし、想像以上のスピードで上達し、別人のような音を出す佐伯に、青野は圧倒されてしまい――!!(Amazon紹介より)

2020年1月15日

ネタバレ

その情熱が音になる。 仲間がライバルになる オーディションが始まる――― 名門・海幕高校オーケストラ部に 入部した青野と秋音は、 定期演奏会メンバーの オーディションに参加することに。 猛練習する青野に、 普段、あまり部活に来ない2年生の 羽鳥が接触してきて――!?(Amazon紹介より)

2020年1月8日

ネタバレ

高校に入学した青野と秋音はオーケストラ部(通称・オケ部)へ見学に行くことに。そこで青野は部活推薦で入学した佐伯と一緒にヴァイオリンを弾くことになるが…(Amazon紹介より)

2020年1月8日

ネタバレ

青春の、曲が始まる。とある理由でヴァイオリンを弾くのを辞めた、元・天才少年、青野 一(あおのはじめ)。中学3年の秋、一人の少女と高校のオーケストラ部と出会い、止まっていた彼の時間が動き出す―― 音と音、心と心が繋がっていく アンサンブル青春ドラマ、開幕。 (Amazon紹介より)

2019年11月5日

ネタバレ
読書状況 観たい
カテゴリ 映画

近づく東日本ピアノコンクール本戦の日。だが…病状が悪化したかをりを思い、公生は再び昏い世界へと落ちてゆく。それでも…必死に前を向こうとする少年と少女に、運命は如何なるものをもたらすのか? 青春×音楽×ラブストーリー、ここに完結!!(Amazon紹介より)

読み終わった瞬間、ずーんと来ました。感想がうまく出てきません。とりあえず、一気読みでした。
『ピアノの森』を読んだときにも思ったことなのですが、音楽で感情を強烈に揺さぶられることなんてあるのでしょうか。「あ、この歌いいな」とか思うことはありますが、コンクールで皆が同じ曲を弾いて、大きな差があるものなのか。一度で良いので、自然に涙が溢れるほど心を揺さぶられるような音楽に出会ってみたいものです。

2018年5月30日

感想は最終巻にまとめて記載予定です。

2018年5月30日

「あたしと心中しない?」そう言って、宮園かをりは寂しそうに笑った。入院を続ける少女に何ができるのか、有馬公生は思い悩む。そして凪もまた、スランプに陥った兄・相座武士をどうやって元気づければよいか、苦しんでいた。そんな二人が、突如コンビを組んで学祭に登場! 師弟の連弾は、何を生み出すのか?(Amazon紹介より)

2018年5月29日

「愛の悲しみ」‥母の想い出が詰まった曲を弾き終えた有馬公生。そこにはトラウマを克服し、少しだけ逞しくなった少年の姿があった。一方、ガラコンサートに姿を見せなかった宮園かをりは、病院のベットにいた。短期間で二度目の入院‥公生は不安を募らせる。それでもピアノの練習に励む公生は‥ある日、一人の少女を拾う!?(Amazon紹介より)

2018年5月28日

藤和ホール・ガラコンサートに招待された宮園かをりと有馬公生。しかし、ガラコンサート当日かをりは姿を現さなかった。出番を遅らせてもらおうと交渉にいった場で語られた、かをりへの批判。公生は彼女の凄さを示すため、一人で舞台に上がる。怒りにまかせ弾き始められた「愛の悲しみ」。だが音の消えた世界に没入した公生は次第に思い出してゆく。母の好きだった曲を……そして演奏は様変わりを見せる!(Amazon紹介より)

2018年5月28日

毎報音楽コンクールの興奮冷めやらぬ中、宮園かをりに届いた一通の手紙。それは藤和音楽ホールで行われる記念公演、通称「ガラコンサート」への招待状だった。演奏者として呼ばれる事となったかをりは、再び公生を伴奏に指名する。観衆を揺さぶった最強コンビの再結成!と周囲の期待は高まるが、公生のテンションは何故か低い……。果たして、ガラコンサートまでに二人の演奏は仕上がるのか!?(Amazon紹介より)

2018年5月27日

ツイートする