日本SF短篇50 IV 1993-2002―日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫 JA)

3.57
  • (4)
  • (12)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 155
レビュー : 15
mmkomaさん SF   読み終わった 

大槻ケンヂの「ぐるぐる使い」は読んでいて恐ろしくも悲しくなる物語。「マニュピュレーター」や「星に願いを」はいかにも近未来としてありえそうなホラー的な作品。特に「星に願いを」は表題からは想像し得ないが、今後もあっても不思議はない不気味な作品だった。ウエットウェアの考え方は面白いが、そら恐ろしい。

レビュー投稿日
2016年7月18日
読了日
2016年7月18日
本棚登録日
2015年4月26日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本SF短篇50 IV 1993-200...』のレビューをもっとみる

『日本SF短篇50 IV 1993-2002―日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫 JA)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする