中途半端な密室 (光文社文庫)

3.31
  • (32)
  • (106)
  • (203)
  • (37)
  • (7)
本棚登録 : 1145
レビュー : 125
著者 :
moboyokohamaかわぞえさん 小説   読み終わった 

著者がプロ作家となる前の作品を中心に構成された作品集だそうです。
解説にもある通り、「安楽椅子探偵」と「ユーモアミステリー」という軸に沿った話が詰まっています。
5編の短編の中「十年の密室・十分の消失」は謎が明かされると登場していた人物像が大きく反転しミステリー以上に人間物語としても沁みるものがあり大変気に入りました。

レビュー投稿日
2018年11月15日
読了日
2018年11月15日
本棚登録日
2018年10月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『中途半端な密室 (光文社文庫)』のレビューをもっとみる

『中途半端な密室 (光文社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする