横井軍平ゲーム館 RETURNS ─ゲームボーイを生んだ発想力

4.24
  • (44)
  • (43)
  • (14)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 341
レビュー : 36
mocciomさん キャリア   読み終わった 

●内容
・ライターによる横井インタビュー。97年刊行。
・任天堂を支えた伝説の男、横井軍平の思想に迫る。


●コメント
○「技術屋」の枠に閉じこもらない柔軟な姿勢

・横井氏は「商品開発」を行っているのである。インタビューの間にも、横井氏は一度も自分のことを「技術者」とは呼ばなかった。「難しい技術のことなど、ようわかりませんから」と笑って答えるが、その裏には「ハードだけ作る技術屋でもない、ソフトだけ作るプログラマーでもない。私は商品開発をやっているのだ」という自信がうかがえた。

○マネジャーとして

・開発のキーマンというのは、「じゃ、おまえは何やってたんだ」と言われるのが怖くて自分で勉強してしまう。それが間違いにつながると言っているのです。専門家を集めてきて作ったら、もっといいものができるのは当たり前のことです。これがヒット商品につながるんです。…だから、私のような人間は、技術者から見れば「なんだ、この落ちこぼれ」ということになるんでしょうけど、ヒット商品が二つも出れば、落ちこぼれなんて言葉はどっかに消えてしまうんです。

・中身なんかわからなくていい。中身を考える専門家がいるんですから、それをどうこう言うこと自体がおかしいんです。まかせてしまえばいいんです。…難しい計算ができるのが偉いんじゃなくて、その計算をしたら何に役立つかがわかることが大切なんです。細かい部分を知っているということではないんですね。

レビュー投稿日
2013年3月16日
読了日
2013年3月16日
本棚登録日
2013年3月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『横井軍平ゲーム館 RETURNS ─ゲー...』のレビューをもっとみる

『横井軍平ゲーム館 RETURNS ─ゲームボーイを生んだ発想力』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする