色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

3.63
  • (920)
  • (2251)
  • (1775)
  • (423)
  • (103)
本棚登録 : 14163
レビュー : 2277
著者 :
もっちもちさん  未設定  未設定

元々春樹作品はあまり好きではないが、にしても今作は言葉が上滑りしていて率直に言ってとても残念な出来だと感じた。持ち味であったはずの独特の現実感のなさが空回りしていて着地点すら覚束ないように思える。概要や登場人物はこれまでの作品の焼き直しのようだし、作品に引き込まれないだけに気取った言い回しにはウンザリするばかり。あまり丁寧に仕上げた作品ではない印象を受けた。

レビュー投稿日
2013年5月27日
本棚登録日
2013年5月27日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』のレビューをもっとみる

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする