新九郎、奔る!(16) (ビッグコミックス)

  • 小学館 (2024年4月11日発売)
4.20
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 4

シリーズ16冊目、表紙の新九郎は31歳だそうで…間違ってたな▲対話優先で交渉を重ねてきた新九郎だが…。刻一刻と悪化する自分の体調に新五郎は思いもよらぬ決意を…▼『力の信奉者』冒頭アレが初陣だそうで…弥二郎は近江?チラ出の将軍様も加齢とともに足利顔に。龍王丸は鼻水垂らして頑張る!虫談義は楽しかったようで。史実に輝く、かのハンコ!叔父のい~い考えだったのね『宴』小鹿の竹若だけが今川顔じゃ無いが、元服前だからなのか?ポアロのむっしゅーでまた吹いた。やはり内戦は心理戦。敵の敵だけでなく優柔不断も味方(2024年)

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: コミック
感想投稿日 : 2024年4月15日
読了日 : 2024年4月15日
本棚登録日 : 2024年4月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする