宴のあと (新潮文庫)

3.52
  • (91)
  • (152)
  • (325)
  • (17)
  • (4)
本棚登録 : 1578
レビュー : 146
著者 :
mochonさん 日本文学   読み終わった 

はじめての三島由紀夫。
美しい文体かはわからないけど、面白かった。
するする読めた。飽きさせない感じ。
でもいま深い感想が残っていない。残念。言葉で語れないならすぐ忘れてしまうんだろうな。結局よくわかってないんだろうな。

わからない言葉も沢山あって漢検の勉強がしたくなった。的確な言葉を知っていたら気持ちいいはずー

かづの豊潤な肉体の魅力が羨ましかった。
いつも色や柄や小物に意味を込めて着物を着るのがよかった。着物って面白い。ファッションってこう楽しむべきなんだな。

政治とは?

レビュー投稿日
2012年10月2日
読了日
2012年10月2日
本棚登録日
2012年1月14日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『宴のあと (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『宴のあと (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする