閃光スクランブル (角川文庫)

3.70
  • (17)
  • (27)
  • (31)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 422
レビュー : 37
バス好きな読書虫さん オススメ   読み終わった 

加藤シゲアキ2作目。デビュー作に続き、芸能界を舞台とした内容で、やっぱり自己投影を意識しつつ、読み始めるが、中盤でその思い込みはどこかに行ってしまうぐらい、文章もプロットも上手いと思う。「ピンクとグレー」は発売当時にアイドルであることを知らずに読んだが、その時も素直に面白いと思ったことは覚えている。2作目にして、ミステリーの要素も含んだ内容で、世界観が広がっている感じがすごくする。今年発売した「傘を持たない蟻たちは」とも、また違っていて、「アイドルが書いている小説」ではなく、「作家・加藤シゲアキ」のファンとして、この先も読み続けていこうと思う。

レビュー投稿日
2016年12月28日
読了日
2016年12月28日
本棚登録日
2016年12月25日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『閃光スクランブル (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『閃光スクランブル (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする