刑事たちの夏〈下〉 (新潮文庫)

3.28
  • (3)
  • (8)
  • (26)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 103
レビュー : 11
著者 :
バス好きな読書虫さん 警察物   読み終わった 

汚職官僚殺人から始まり、その人物の残したメモを巡る刑事たちの物語。
あらすじを簡単に語ってしまえば、その程度なのに、上下巻まで引っ張るかぁ。
ってのが、正直な感想。
しかも、何作読んでも、この文体の軽さに違和感を感じる。
内容はかなりハードボイルドなのに・・・もったいない。
ラストは、ある意味、ドンデン返し。
最後まで、自分の意思を貫く松浦刑事を最後の最後でかっこいいと思った。

レビュー投稿日
2009年4月13日
読了日
2009年4月13日
本棚登録日
2009年4月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『刑事たちの夏〈下〉 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『刑事たちの夏〈下〉 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする