水辺のゆりかご (角川文庫)

3.21
  • (12)
  • (26)
  • (115)
  • (6)
  • (5)
本棚登録 : 323
レビュー : 42
著者 :
modorigengeさん 小説   読み終わった 

 柳美里、著。在日韓国人として生まれた著者の自伝的小説。幼少時代から大人になるまでの彼女の生活が語られる。
 壮絶と言うべきか、数奇と言うのべきか。いや、在日という環境を踏まえ、複雑というべきだろう。しかし話自体は思ったよりも在日の感傷に頼っているわけではなく、あくまで一日本人、一女の子としての陰鬱な生活をあっさりとした文体で淡々と語っている。だから自殺の場面も迫力には欠けるが、「無駄に感傷的にならない」ということならこういう描写もありなのだろう。
 ただ、これは近年の日本の私小説全般に言えることだと思うが、特異な題材であれ日常的な題材であれ、特別変わった視点をとるわけでもなく淡々と物事を描写する意味はあるのだろうか。私はいつもこういった小説に、文章の上手いロボットが作った無言のシナリオ、といった印象を受けるのだ。

レビュー投稿日
2014年1月22日
読了日
2014年1月22日
本棚登録日
2014年1月22日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『水辺のゆりかご (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『水辺のゆりかご (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする