わが子キリスト (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社 (2005年7月9日発売)
3.20
  • (1)
  • (3)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 39
感想 : 3
3

最近欧米系小説ばかりよんでいたので気分を一転、おもいきって武田泰淳です。
初武田泰淳。
今回の読書コンセプトはマニアックな作家さんを読んでみようという失礼なものですが、有名だよ!という人がいたらすみません。あと作者にもすみません。
中国かぶれのお坊さんで中国を誰よりも深く愛していながらその中国に従軍し、尊敬する文化と伝統を蹂躙せざるを得なかった不幸な人らしいです。
マルクス主義からの転向派でどちらかといえば太宰に近いけど、根本的に違うところは、太宰と違って彼は自分と時代の不幸に陶酔できなかったところ。どこまでも現実を見据えた冷静な人だったらしい・・・。戦後文学をリードした大家です。
ざっと読んだ経歴はこんなもん。結構興味をそそられます。

三話入っていますが、
『わが子キリスト』では裏切り者のユダの解釈が斬新です。誰よりも真面目で知性派で、イエスを愛していた男として描かれています。
自分が弟子達の不幸を一身に背負って自殺する、というところは作者の時代とてらしあわせて極東裁判を思わせなくも無い・・・と愚推してみる。
ちょっと不満だったのは、主人公がマリアを犯してイエスを産ませた男という設定。ここまで重くて面白い設定のわりに不完全燃焼だったような・・・・。ユダ史観も斬新だったのに、主人公とユダと二人のどっちつかずに終わった感が残りました。どっちかにしぼればよかったのにな〜。

『王者と異族の美姫たち』は主人公が晋の文公の重耳。
晋の国を翻弄した驪姫と、重耳を助けた現地妻たちのお話しですかね。
宮城谷昌光の『重耳』を読み返したくなりました・・・・。『重耳』面白いですよ。ヘタレ皇子ですが庇護欲をさそうのか、臣下から奥さんから皆重耳の尻をたたくたたく。
やたら『重耳』を読み返したくなる内容でした。

『揚州の老虎』
一番興味が薄い・・・というか・・・袁世凱の時代の話なんでもはや時代的にも興味がなかったです。すんません。かろうじて「揚州」とか「塩」という言葉に『水滸伝』を思わせるものがあり、(;´Д`)ハァハァするくらいでした。時代を見誤った男のお話というか、結局商人が得をする、というか・・・。
風刺ですかね?

渋いお話ばかりでした。面白い・・・とはちょっと言いがたいかな。現代作家さんの小説を読みなれている人にはちょっとつらいかも。
小説というよりは講釈という感じがしました。歴史小説を書く人にありがちな客観的描写パターンですね。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2005年9月24日
読了日 : -
本棚登録日 : 2005年9月24日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする