覆面作家は二人いる (角川文庫)

3.45
  • (101)
  • (197)
  • (414)
  • (39)
  • (8)
本棚登録 : 1542
レビュー : 173
著者 :
制作 : 高野 文子 
もっこさん ミステリー   読み終わった 

本作は3つの短編が収録されているんだけど
どれもが岡部良介が持ち込む身の回りの事件を、
千秋がササっと解決してしまうという話なんだけど
この千秋のキャラがなんとも可愛らしいのですよ。
初っ端から殺人事件に首を突っ込んでしまうけれど
生々しいものではなく、結末が優しいのですよ。
これは読みやすい上に、キャラも気に入った(o^o^o)
日常のミステリで、小難しいこともかかれてないので
まさに通勤読書向きです。続きを読みます

レビュー投稿日
2013年3月9日
読了日
2013年3月6日
本棚登録日
2013年3月9日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『覆面作家は二人いる (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『覆面作家は二人いる (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする