銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎

4.03
  • (381)
  • (325)
  • (276)
  • (25)
  • (8)
本棚登録 : 3355
レビュー : 343
制作 : 倉骨 彰 
momoinoueさん リベラルアーツ   読み終わった 

ある人にススメめられて、堅そうな内容だなぁとか思いながら読んだら、すっごく興味深くて楽しかった!上巻では、人類史を人類の大陸移動経路や食料という観点から説明しています。
私は特に農耕と狩猟について書いてあるところが好き。日本史だと、縄文=狩猟で、弥生=稲作(農耕)なので、弥生時代の方が進んでいてスゴい、という説明になりがち。けれど、世界には狩猟→農耕→やっぱ狩猟と戻った民族もいて、農耕が全世界を通じて優れているわけではないということに目からウロコ。

レビュー投稿日
2012年4月1日
読了日
2012年3月30日
本棚登録日
2012年4月1日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年に...』のレビューをもっとみる

『銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎』にmomoinoueさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする