旅路 (中公文庫)

4.27
  • (11)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 95
レビュー : 8
著者 :
もんさん  未設定  読み終わった 

凄まじい小説に出会った。
ていさんの私小説。「流れる星… を先に読みたかったが、図書館にあったのはこちらで手にとった。

満州からの引き上げの描写が凄まじく、そしてていさんの子どもを何としても守る、誰一人欠く事なく日本へ連れて帰る、という強い母親の心意気に惹かれる。
若い頃、音楽の先生に好かれる話も、日本へ戻ってきて、全身衰弱で寝込んでしまったことも、夫を支える献身的な妻の姿も全ての生き様が、全てに立ち向かう苦闘の姿が、現代の女性にも力強く感じられると思う。一気読み。

レビュー投稿日
2021年3月11日
読了日
2021年3月11日
本棚登録日
2021年3月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『旅路 (中公文庫)』のレビューをもっとみる

『旅路 (中公文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする