喋々喃々

3.62
  • (215)
  • (378)
  • (406)
  • (83)
  • (20)
本棚登録 : 2188
レビュー : 511
著者 :
もももさん 小説   読み終わった 

約4年ぶりに再読。
好きだけど嫌い、嫌いだけど好きな話なので、評価せず。

《嫌いなところ》
・ふわふわとオブラートに包んでいる表現ではあるけれど、不倫の話である。
・登場人物があまり好きではない。
春一郎は言うに及ばず(妻子がいるのに自分から好きだとかよく言えたものだ)、主人公も母の不倫で家族分裂で苦しい悲しい思いをしてきて未だに引きずっているのに不倫に手を出すのもどうかと思う。そして、時々出てくるまどかさんも50歳にもなる息子を坊やと呼ぶなんて、それは同居している嫁にとって鬱陶しいことこのうえないでしょう。

《好きなところ》
・谷根千の一年間を丁寧に描いている。
・食べ物や着物の描写が良い。

恋は落ちるもの。だけれど、どうかな。
あと、装丁が好きです。

レビュー投稿日
2014年2月27日
読了日
2014年2月27日
本棚登録日
2014年1月17日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『喋々喃々』のレビューをもっとみる

『喋々喃々』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする