女衒夜話 (クイーンズコミックス)

4.00
  • (14)
  • (20)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 108
レビュー : 13
きっかっちょさん コミック/一般   読み終わった 

★内容説明
終戦直後の東京――。女をかどわかして売り飛ばすことで生計を立てているキリオと、場末のバーを営む殺し屋の裕也。闇を這いずるように生きる二人の男は、ある女との出会いで運命の歯車をくるわせていった…。


舞台は終戦間近から終戦直後の東京。
混沌とした世界の片隅で生きる二人の男、キリオと裕也。
彼らが偶然に出逢った一人の少女シロ。
彼女との出逢いが二人のそれまでの生き方を変えていく。

生きていくことに誰もが精一杯だった時代、女性をかどわかしては売り飛ばすことで生計を立てている男キリオは、その辺りの街を牛耳るボスの女を寝取ったことで報復を受けていた。
そんな場面に呼びだれた場末のバーを営みながら殺し屋家業をカモフラージュさせている裕也は、キリオを「ボスの女を寝取るとか、それなりの価値があるのでは?」と、キリオの命を救う。
男性機能が不能な裕也と、子種を持たないキリオ。
彼ら二人の奇妙な共同生活の間に巡る、時代に翻弄させる女性との出逢いや生き方。
そこから読み取れるものとは……。

色男のキリオと殺し屋の裕也の間には確実に友情……というものが目覚めていたと思います。
そして彼らの前に現れては消えていく女たち。
身を売るという世界に囚われていく女性もいれば、逆にそこから這い上がっていく女性もいる。
そんなある日、裕也がボーイに……と拾ってきた『シロ』という少年、実は女の子であることを隠していたのですが、キリオは人目見るなり女だと見抜き自分の下に連れて行きます。
本当は売り物にしようと思って連れてきたシロでしたが、彼女は綺麗な女性へと成長していきます。
シロを拾ってきた裕也、彼女を育ててきたキリオ。
美しい女性へと成長したシロがボスの目に留まったことから、二人の男の人生は大きく変貌していきます。

第一話はシロとキリオとの物語。
そこから裕也とキリオとの出逢いや、彼らの前に現れた時代を生きる女たちの物語が綴られていきます。
そして最後に……。

二人の男の生き方と、それに添う女たちの物語。
悲しさと強さとが物語の中に隠れています。

レビュー投稿日
2012年9月19日
読了日
2012年5月28日
本棚登録日
2012年5月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『女衒夜話 (クイーンズコミックス)』のレビューをもっとみる

『女衒夜話 (クイーンズコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする