バチカン奇跡調査官 黒の学院 (角川ホラー文庫)

3.49
  • (111)
  • (258)
  • (338)
  • (67)
  • (15)
本棚登録 : 2448
レビュー : 311
著者 :
制作 : THORES柴本 
Rさん 小説   読み終わった 

無宗教の人間からすると、キリスト教の「奇跡」はまあ、インチキだろうと普通に思ってしまうので、バチカンの人間を主人公にしつつ、そこら辺をどう説明していくのかでハマれるか決まってくると思いながら読んでいたけれど、まあまあ良いさじ加減で科学と信仰心を絡めているような気がした。ちょうど今読んでいたナチス系の内容が絡んできたので、そのへんは面白く読めた。
ただ、カソリック内部のことはカソリックで、っていう理由で、どんだけ殺人が起ころうと普通に隠蔽して警察にも届けないってことが、普通に今の時代設定(パソコンとか使ってる)にしている割に最後まで違和感。専門家でない人間の検死や調査で謎解きしているのがモヤっとするので、そこら辺の帳尻合うような設定を入れて欲しいところ。

レビュー投稿日
2018年3月10日
読了日
2018年3月10日
本棚登録日
2018年3月10日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『バチカン奇跡調査官 黒の学院 (角川ホ...』のレビューをもっとみる

『バチカン奇跡調査官 黒の学院 (角川ホラー文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする